【失敗しない】マッチングアプリでの結婚を親に言うべきと断言する理由

マッチングアプリとは?

マッチングアプリで付き合っている人と結婚を考えています。

でも友達や親などに出会いを聞かれた時に、どう答えたらよいか悩んでいます。最近は当たり前にになってきましたが、まだまだSNSでの出会いについて悪いイメージなどを持ってる人も多いと思います。

はっきりいうのかそれとも別の理由をいうのか、マッチングアプリで出会った人はどうしてますか?

今回はこのお悩みにお答えします!

マッチングアプリで出会いを探している人は多いですが、世間的にまだまだ理解は広がっていませんよね。

「マッチングアプリで出会ったなんて誰にも言えない」なんて人は、意外と多いように思えます。

かく言う私もアプリで妻と出会いましたが、親になんと説明したらよいか結構悩みました!

本ブログでは、マッチングアプリで結婚した私が親へどのように理解を得たかを解説します!

本ブログはこんな方にオススメ
・マッチングアプリで出会った人と結婚を考えている人
・マッチングアプリで結婚することを言いづらく感じている人
・結婚相手との出会いを、親にどう説明すればよいか悩んでいる
・マッチングアプリで結婚した人は、どのように紹介したのか知りたい

ちなみに本記事の信頼性についてはコチラ

5分くらいで読める内容なので、最後までお付き合いください♪

>>本気で結婚したい人が利用しているマッチングアプリはコチラ

【断言】マッチングアプリでの結婚を親に説明するべきか?

最初に結論からお話すると、結婚相手との出会いはマッチングアプリですと親に言うべきです!

なぜなら最初に説明したほうが、これからの付き合いが楽だから。

最初に面倒なことをサクッとオープンにしてしまったほうが、トラブルも起こらず安全です。

ではそもそも何故「出会いがマッチングアプリ」だと言いづらいのか深堀りしましょう。

マッチングアプリで結婚をごまかすとトラブルの原因

結婚するうえで両家のご両親にご挨拶するのは、避けては通れない道。

そこで出会いがマッチングアプリであることを誤魔化すと、次のトラブルが待ち構えています。

起こるかもしれないトラブルまとめ
・親に嘘をつくのが苦しくなる
・嘘を突き通すことが大変になる
・結婚相手との信頼関係に影響する

親に嘘をつくのが苦しくなる

結婚相手との出会いは必ず聞かれる内容ですが、最初から嘘をついてしまうと、その先ずっと貫き通すことになります。

最初の挨拶はハードルが高いので、なんとか切り抜けたい気持ちは分かります。

でもその後もことわるごとに話しのネタになると、気持ち的にしんどくなってきてしまいます。。

親世代からしたら、インターネットでの出会いは確かに不安な気持ちになるものです。

でもそれ以上に嘘をつかれるのは、もっと嫌なはずではないでしょうか。

嘘を突き通すことが大変になる

出会いを誤魔化す必要があるのは、親だけではありません。

結婚とは親族一同と家族になることですので、相手の兄弟や親戚にも同じ説明をすることになります。

嘘の範囲も広がりますし、話し方を謝ると嘘がバレる可能性も。

友達へは本当の出会いを話すという人もいるかもですが、結婚式などでバレる可能性だったあります。

結局、気をつけないといけないことが増えるばかりで気が抜けないんですよね。。

結婚相手との信頼関係に影響する

変に出会い方を隠してしまうと、結婚相手へ不信感を与えてしまう可能性があります。

なぜならひた隠しにされているって、自信がない姿に写ってしまうから。

出会いって超重要なので、そこを隠されるって良い気分しないですよね。

せっかく結婚するのに悪いことをしているみたいで、なんでアプリやってたの?って思います。

最初だからこそ、堂々としていたいですよね。

大切なことは「出会い方」ではなく、結婚相手としてふさわしいか

両親が何故出会いを気にするかと言うと、結婚相手としてふさわしい人なのか見定めたいから。

学校や職場など一般的な出会い方は、親世代もイメージしやすく安心できます。

でもマッチングアプリを経験している親世代はほぼ0なので、イメージができない。

だから不安になりやすく、心配されてしまうのです。

これは親世代だけの話ではなく、若者世代からしてもネットでの出会いって正直不安ですよね。

そのため課題として「出会いがマッチングアプリ」であっても、普通の出会い方だから心配いらないことを伝える必要があります。

【解決】マッチングアプリでの結婚を親へ納得して貰う方法

結婚相手とマッチングアプリで出会ったことを、両親へどのように説明するべきか。

下記のような伝え方でシンプルにさくっと説明しましょう。

・「マッチングアプリ」と言わない
・みんなアプリを利用していると補足する
・はっきり堂々と伝える

「マッチングアプリ」と言わない

出会いはマッチングアプリと伝えず、下記のような内容で伝えるようにしましょう。

・結婚相手とはSNSで知り合った
・結婚相手とはインターネットで知り合った

正直「マッチングアプリ」は親世代としてはまだ馴染みの薄いワード。

上記のようなニュースなどで聞き慣れたワードに変換してあげたほうが分かりやすいです。

外堀して聞かれたら「インターネットの婚活サービス」と答えればOK。

もし出会いの過程で共通の趣味などネタがあれば、「趣味を通じて」としてもよいでしょう。

少しでも親世代にとって馴染みのあるワードで、伝えると良いですよ。

みんなアプリを利用していると補足する

マッチングアプリでの出会いを説明するうえで大事なのが、「みんな利用している」ということ。

マッチングアプリの利用者はまだ少数派ですが、確実にユーザーは増えています。

実際にデータとしても現れていますので、必要であれば説明の補足にしてみてください。

出典:マッチングアプリ市場調査 利用ユーザー数では「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder(ティンダー)」が2強に

日本人は「みんな、〇〇してますよ」ってワードに弱いです。

アプリで出会うのは、決して珍しいことではないことを証明しましょう。

はっきり堂々と伝える

何よりも重要なことですが、話すときは堂々とはっきり伝えましょう。

いくら内容が伴っていても、伝え方で不安を与えては意味がありません。

「何かおかしいですか?」と言えるくらい、ストレートに話してください。

出会いはあくまでキッカケであって、どうして結婚したいのかが一番大切。

ありのままの想いを伝えましょうね!

【体験談】マッチングアプリの結婚を親に伝えるには勇気がいる

ちなみに私の体験談ですが、「出会いはマッチングアプリです」と切り出すのは勇気がいりました(汗)

両家の両親ともにインターネットにそこまで詳しくないため、上記の方法で説明は最小限にまとめました。

出来るだけ出会いの話題は、早めに切り抜けるほうが無難です。

マッチングアプリの認知度は上がっているけど道半ば

マッチングアプリがキッカケで、付き合い結婚する人は増えていますが、まだ少ないのが現状です。

またマッチングアプリを利用していることを恥ずかしいと思っている人も多く、SNSでも話題になっています。

親世代の40.6%がマッチングサービスに抵抗ナシ

こちらはマッチングアプリに関する親世代へのアンケート調査。

「出会い系、マッチングサービスで知り合った相手と結婚することに抵抗感はありますか」という質問の回答です。

全体の4割程度が「抵抗感を感じない」と回答!

こちらは2017年のデータなので、2021年現在ではさらに理解が深まっていると予想されます。

出典:出会い系・マッチングアプリで結婚、親世代40.6%が「抵抗ない」

マッチングアプリでの出会いは今後さらに増え、利用してて当たり前な時代になりつつあります。

親世代へ伝えるハードルは確実に低くなっていきますので、気にする必要はありません!

親世代も安心できるマッチングアプリでの結婚

繰り返しになりますが、マッチングアプリがキッカケの結婚は今後さらに増えていきます。

将来的に結婚を見据えたお付き合いをしたいと思うなら、今から利用して損はありません。

マッチングアプリは登録だけなら男女無料。

男性は一部サービスが有料ですが、女性は基本すべてのサービスが無料です。

マッチングアプリなら結婚も夢ではありません♪

>>【まとめ記事】真剣交際の希望者が殺到しているマッチングアプリ

今すぐ登録するべき理由
・ステキな人は早いもの勝ち
・忙しいと恋活する時間がない
・本当にで出会える!結婚も夢じゃない!

ステキな人は早いもの勝ち

マッチングアプリの利用者は2021年現在で約1400万人と、人気上昇中の恋愛マッチングサービス。

毎日のようにカップルが誕生していますが、誰もがなれるわけではありません。

出会えずにやめていく人も多くいます。

私の実感では彼女をゲットしている人ほど、ガツガツ積極的にアプリを活用。

グズグズしている人は、全然出会えていません。

余裕を構えていると、あなた好みの異性はライバルに取られてしまいますよ!

忙しいと恋活する時間がない

みんな毎日、仕事でヘトヘトですよね。

疲れたから休みてー!と爆睡しちゃって、家から出ないまま休みが終わる寂しい生活。

とても恋人探しに時間をかける余裕がありません。

でもマッチングアプリならスマホ1台で、どこでも恋人探しが可能!

通勤時間や休憩時間など、スキマ時間を利用して恋活ができます♪

マッチングアプリは忙しい人にこそ使ってほしい、手軽なマッチングサービスなのです!

本当にで出会える!結婚も夢じゃない!

冒頭でお話した通り、私はマッチングアプリで彼女を2人つくることが出来ました。

最後に出会った女性と結婚して、今は子どもが2人もいます。

マッチングアプリがなければ、一生独身で過ごすところでした^^;

20代後半になり、、焦った自分が飛びついたのがマッチングアプリ。

最初は半信半疑でしたが、攻略法を駆使して結婚というゴールを迎えることが出来ました!

正直、ペアーズで結婚相手が見つかるとは思わなかったですw

怪しいなとという気持ちはすごく分かりますが、成功するかは自分次第!

チャレンジして損は絶対しない、マッチングサービスであることを保証します。

【断言】マッチングアプリ選びで失敗したくないならペアーズ

現在、国内で提供されているマッチングアプリは15種類。

これから始めるならマッチングアプリ・ペアーズをオススメします。

理由は国内最大級となる「累計会員数1000万人」をほこる人気アプリだから。

会員数が多いほど出会える可能性は上がりますし、実際に毎月約8,000人に恋人が誕生している実績があります。

どのアプリを使ったらよいのか分からない人にとって、ペアーズは安心してオススメできます。

>>ペアーズの登録方法をまとめた記事はコチラ

継続して利用すれば必ず出会える

何度も言っていますが、ペアーズなら間違いなく女性と出会うことが出来ます。

なぜなら私が出会えている、成功体験をしているから。

ぶっちゃけ、マッチングアプリの利用をためらっている人って、成功をすぐに求めすぎ。

現実生活で女性を口説こうと思っても、そう簡単にいかないですよね?

マッチングアプリでも同じで、相手は生身の女性だから最初から出会えるなんて稀です。

でも継続して、このブログでもご紹介している正攻法を実行していけば確実に出会えます。

一番、大事なことはあきらめないこと。

コツコツやっていけば、あなたにもステキな女性と出会うことができますよ♪

ペアーズの運営はテレビでも話題の「株式会社エウレカ」

ペアーズも含め、マッチングアプリを怪しいと思ったら運営会社を確認することをオススメします。

ペアーズの運営は「株式会社エウレカ」。

インターネットでの異性紹介事業を行っている会社で、日本に限らず世界各国で事業を展開しています。

ペアーズの実績が高く評価され、メディアでもTBSのバラエティ番組「林先生の初耳学」で特集されたほど。

運営元がうさん臭いと不安ですが、ペアーズは事業規模も大きく、メディアの注目度も高いので問題ないかと。

24時間のサポート体制や年齢認証の厳格化など、安全性を徹底しているので安心して大丈夫だと想います。

【確実】ペアーズで本気で出会いたいのなら、有料会員になること

ペアーズで確実に女性と出会うなら、1つだけクリアする条件があります。

それは有料会員になること。

なぜかと言うと、有料会員にならないと女性とトークができないから。

継続して女性とトークできないのは致命的なので、LINE交換するまではペアーズ内でのトークが必要です。

女性は無料で使い放題なので、レスの多い男性にしか目を向けません。

無料会員でもマッチングできますが、トークできる男性ほど優位になりますので無料会員にはデメリット。

今なら通常契約より安い費用で有料会員になれる、SALEを実施中です。

12ヶ月プランなら30,000円も割引されるので、早めの登録しないと損ですよ!

恋人を作るならペアーズが最強!

今すぐ彼女がほしい男性にとって、ペアーズはピカイチのマッチングアプリです。

今の時代、マッチングアプリに出会いを求めるなんては当たり前。

抵抗感をもつ人は、年々減少してきています。

出会いも多様化していますが、忙しい今の時代、出来るだけ効率的に探したいですよね?

ペアーズであれば、国内最大級の会員数なので出会いのチャンスは豊富!

安心・安全な運営体制なので、余計な心配をすることもありません。

さらに登録だけならいつでも無料!

でも本気で出会いを求めるのなら有料会員で短期決戦しましょう。

少ない負担でステキな出会いを手に入れられるのなら安いものです。

これを機会に、ペアーズで新しい出会いを手に入れましょう!

>>マッチングアプリ・ペアーズの詳細はコチラ

【まとめ】マッチングアプリでの結婚は親世代を安心させよう

①マッチングアプリでの出会いは親世代に伝えよう
②今の時代、マッチングアプリでの出会いは普通だと伝えること
③シンプルに堂々と伝えれば問題なし

今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました